美肌やスッキリボディーは日々の生活の賜物青汁やサプリで維持。

私はもう40歳近くになるのですが、さすがに肌トラブルに、
腹トラブルと色々な問題が出てきました。
そのため、最近、青汁や、美肌サプリメントなどに挑戦しています。
例えば・・・
スッキリフルーツ青汁というダイエットにも美肌にもいいらしいやつ
http://xn--w8jxa4av3ita4dwshfzgme5fojp295bwwdh53hnrq8f1p.com/とか

シミを消してくれるらしいサプリメント。
http://キミエホワイトプラスamazon.com/
これらを併用しています。

女の子だったら小学校高学年から中学生くらいからお化粧や
髪型、ファッションに美容という感じで色々な事が気になり
出したり夢中になったりしますよね。

私もそんな1人でした。ちょうど美容やお化粧に興味を持ちだした
のも中学生の時でしたが、当時の私は(自慢じゃないですが)
肌は綺麗でした。

ニキビ1つ無く白い透明感のあるお肌。周りが
ファンデーションを塗ったりニキビを隠したりしているのを
横目に何のケアも一切してきませんでした。

そんなピカピカ肌も20代半ばまでですね。普段から綺麗に
なろうとケアをしてこなかった事が災いして、いざケアを
しなくてはいけなくなった時にやり方を知らない。

20代半ばに急に現れたシミ。仕事に追われ、疲れやストレスから
できた肌荒れや大人ニキビにも悩まされました。ですが皮膚科
行くくらいしか解決方法が思い浮かびませんでした。

そんな私でしたがフェイシャルエステサロンでピーリングを
受けてみようと決心し行ってみました。長年悩んでいたのが嘘の
ように肌がツヤツヤピカピカに!施術後のカウンセリングで
ホームケアがいかに大切かも教えていただけたので本当に良かったです。

美肌は日々の生活から作り上げていくもので、サロンはその
お手伝いをするところだそう。まずは中から変えていく事が
大切なんですね。

私が体験したニキビによる肌トラブルと気になる美白

今回私がスキンケアについて記載することは、体験談です。
私は中学生の頃からニキビに悩まされてきました。中学生くらいの年齢の
ニキビですと、皮膚科に行っても「そういう年齢だから」で済まされて
しまいました。その言葉を信じ、ニキビ用の洗顔や化粧水など、たくさん
試しましたが20代になっても治らず、本当に困っていました。
10代の時にはおでこにできていたニキビが、20代になるとほほにできて
きてしまいました。その時に潰さずに薬を塗ればよかったのですが
潰してしまったため、いわゆるクレーター状態になってしまっています。
今は、エステサロンで知り合った方にお勧めされた化粧品を使用しています
私の場合はクレンジング不足によるニキビだったそうです
詳しくご説明させていただきますと、夜の化粧落としのクレンジングが
足らず、毛穴にファンデーション等が詰まり、そこが炎症してニキビに
なるとのことでした。なので今はクレンジングを、化粧をしなかった
日にもするようにしています。私はこのクレンジング不足を解消
してからは新たなニキビができることは少なくなりました。
少し化粧をしていない日のクレンジングを怠るので、完全には
なくならないのかもしれないので、念入りにやりたいと
思っています。
ニキビに加え、シミやそばかすも気になるようになりました
そのことについてもエステティシャンの方に美白タイプの
クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、クリームをお勧めしてもらい
お試しキットを使いました。すぐにそばかすもシミもなくなるということは
当然のことながらありませんでしたが、一度使用しただけで肌の透明感
は出たように思いました。
ニキビ用のあらゆる商品よりも美白用の商品のほうが高いのが一般的
です。でも、20代の早いうちからお肌のケアはしていて損はないと
私は思います。お肌とはこの先何十年とお付き合いしなくてはならない
ので、毎日毎日、時間をかけ、じっくりと根気よくケアしていくことが
重要なのだと思います。

恐竜に関してと、エステシャンの話すこと。1回目は美肌なったが、以降愚痴で不快に

アメリカにはDinosaurlandという恐竜のテーマパークがあるようです。
現在もあるのか、それとも閉鎖されてしまったのかはわかりませんが、
ものすごく大きなセンターであり、恐竜の骨と化石が1500以上もあるらしいです。
見たり触ったりして体験できるとのこと。また、恐竜の骨を掘っている場所も見られるとのこと。また、映像などでも、恐竜についての情報を深く知ることができるとのことです。
もし、近くへ行く機会があれば、行ってみたいと思います。

いまから10年以上になりますが、某百貨店の中にあるエステに行きました。そこは当時勤めていた会社の同僚のお勧め店でした。化粧品系列のエステサロンで、お値段もなかなかのものでしたが、都度払い制ということもあり気軽な気持ちで足を運んでいました。

エステシャンの腕も良く非常に気持ちよい思いをしてハッピーな感じで第一回目は終了しました。フェイスとデコルテのケアをしてもらい、ふっくらツヤツヤの美肌に生まれ変わりました。ホクホクとした気持ちで家路につきました。

ところが、ここからが問題だったのです。
第二回目はある年の大晦日に予約を入れました。大晦日も営業しているか不安でしたが、やっていると快くOKしてもらえたので、楽しみに行ってみました。

エステシャンは一回目と違い、年配の方でした。腕も当然良く、私は一年の締めくくりに綺麗にしてもらうことに感謝と喜びの念でいっぱいになっていました。

偶然にもその日は雪が降っていました。それでも臆することなくウキウキとした気持ちでエステに臨んでいたのです。

最初は感じの良かった年配エステシャンの方でしたが、雑談をするうち色々な話をするようになってきました。

「大晦日なのによく来て下さいましたね」「雪なのに大変だったでしょう」と言われ、初めはこちらをねぎらってくれているのだと思っていたのですが、だんだん愚痴っぽい話になってきました。

「今日は全身ケアの予約の人もいる。何も大晦日にそこまでしなくても(失笑)」と言うので、私が「一年の最後の日だから綺麗にしたいんじゃないですか?」とフォローしても、あまり乗らない雰囲気です。だんだんとそのエステシャンは、要するに雪の大晦日に働くのが嫌なのか?!という印象を受けるような話をしてくるようになりました。

予約して何だか申し訳なかった気になりました。しかし、もともと店が営業していたのは事実ですし、無理して店を開けて貰って予約入れた訳でもないですし…。こちらは決して悪い訳ではないと思いますが、なんだか複雑な気持ちにされて、モヤモヤしました。

綺麗にスッキリしたのは良かったですが、大晦日に予約を入れる客は少ないのかなと思いました。しかし、愚痴を客に言うのはプロとしてどうかと思う出来事でした。何となくその店には行きづらくなり、以来その店には行っていません。